ストロングハートプラスを通販で買うときは注意点を知っておこう

愛犬のイメージ 通販を利用することによって、自宅から簡単に手に入れられるストロングハートプラス。

愛犬に通院のストレスを与えないでフィラリア予防ができるのはストロングハートプラスの大きなメリットですが、動物病院に行かなくても手に入るからこそ気を付けなくてはならない点もあります。

ストロングハートプラスに関する注意点の中で、特に気を付けたいのが副作用や投与時の注意点です。

これらの注意点について詳しく調べずに投与すると、正しい効果を実感できなかったり愛犬の体に余計な負担を与えたりしてしまうおそれがあります。

 

どれだけ安全に作られた医薬品でも、副作用や注意点のことを詳しく知らずに投与するのは危険です。

どのような副作用があるのかを知らずに投与すると、実際にその副作用があらわれてしまったときに冷静に対処するのが難しくなってしまいます。

また、投与する際の注意点を詳しく知らないままに投与すると、知らずしらずのうちに誤った投与法をしてしまう可能性も十分考えられます。

医薬品はどのようなものであっても、間違った投与法をしたら安全性が損なわれてしまう危険性があります。

実際に投与する前にどのような点に注意しながら投与したらいいのかしっかり確認し、間違った方法で投与してしまう危険性を下げましょう。

 

特に通販の場合だと、入手したときに獣医師から副作用や注意点について説明してもらえません。

そのため、事前に副作用や注意点について調べておくことは、安全にストロングハートプラスを使うにあたって重要なポイントになってきます。

通販でストロングハートプラスを購入する際は、副作用と注意点を把握するのを忘れないようにしましょう。

 

通販のストロングハートプラスにある副作用は?

通販で購入できるストロングハートプラスで報告された副作用のうち、もっとも一般的なのは嘔吐です。

ストロングハートプラスをはじめて投与した際にあらわれる可能性が高いので、今までストロングハートプラスを一度も投与したことがない愛犬へ飲ませるときは注意しましょう。

体に取り入れたことがない成分が体内に入り、体が驚いて拒否反応を示し、このような症状があらわれると考えられています。

はじめて愛犬にストロングハートプラスを投与したあとは、激しい運動を避けて安静にさせ、何らかの異常がみられないか十分に観察してください。

 

副作用として嘔吐の症状があらわれた場合、投与してからどれくらいの時間が経っているか一度確認しましょう。

投与から1時間以内に嘔吐してしまった場合、ストロングハートプラスの成分が体内に吸収されきっていない可能性があります。

もしそのようなときは、獣医師へ相談し、2~3日ほど時間をおいてからストロングハートプラスを再投与してください。

 

ほかにも、ストロングハートプラスの副作用には食欲不振や下痢、元気消失などが報告されています。

場合によっては痙攣の症状があらわれることもあるので、投与後はこれらの症状があらわれていないか、しっかり確認するようにしましょう。

もし、これらの症状以外で副作用と思われる症状があらわれたときは、速やかに投与を中止してかかりつけの獣医師の診察を受けてください。

 

ストロングハートプラスを通販購入するときは検査を忘れずに

愛犬のイメージまた、副作用だけでなくフィラリアに感染していないかどうかの検査にも注意しなくてはなりません。

通常、フィラリア予防薬を処方してもらうときは動物病院でフィラリアの検査を受け、感染していないと明らかになってから予防薬を処方してもらいます。

しかし、通販では動物病院へ行かずにフィラリア予防薬を手に入れられるので、検査を受けなくてもフィラリア予防薬を入手することができます。

一見、余計な手間が省かれているように思えますが、フィラリアの検査を受けずに予防薬を手に入れるのは危険な面もあります。

 

フィラリア予防薬はどのようなものであっても、フィラリアに感染した犬には投与してはいけないと決められています。

ストロングハートプラスも例外ではなく、もしフィラリアに感染した状態で投与してしまうと体内でフィラリアの幼虫が大量に死滅して重篤な副作用を引き起こしてしまいます。

死骸が血管に詰まったり、一度に大量のフィラリアの幼虫が死滅することでショック症状を引き起こしてしまったりして愛犬の命に関わるおそれがあります。

通販でフィラリア予防薬を購入した場合、特にこういった事故が起きる可能性が高いといえるので、特に気をつけるべきです。

 

通販のストロングハートプラスを投与する場合は、事前のフィラリア検査を忘れないようにしましょう。

フィラリア検査は血液検査で行われることが多く、1,500~3,000円ほどで検査を受けられます。

具体的な検査費用は動物病院によって異なり、愛犬の体重によっても変わってくるので、どれくらいの金額かは普段利用している動物病院へ確認をとりましょう。

検査を受けるとフィラリア予防薬を購入しなくてはならなくなるのでは、と心配してしまう飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、希望すれば検査のみを受けることも可能です。

その場合、フィラリア予防薬は通販で購入したものを使う予定であることを獣医師へきちんと説明しましょう。

 

 

通販のストロングハートプラスはよく噛んで食べさせよう

愛犬のイメージストロングハートプラスは、カルドメックチュアブルと同様にチュアブルタイプを採用して作られています。

愛犬に食べさせるだけで効果を得られるのが魅力ですが、与えるときにも少々気を付けなくてはならない点があります。

 

そもそも、チュアブルタイプの薬は愛犬が錠剤を噛み砕くことで有効成分が吸収されやすくなり、効果を発揮するように作られています。

ストロングハートプラスもこのような作りになっており、よく噛まずに飲み込んでしまうと有効成分が上手く吸収されなくなってしまいます。

有効成分が上手く吸収されないと、効果があらわれるまでに時間がかかってしまったり、スムーズな予防効果を得られなくなったりしてしまうおそれがあります。

ストロングハートプラスの効果を最大限に得るためにも、投与する際は愛犬が錠剤をよく噛み砕くように工夫しましょう。

 

もっとも簡単なのが、事前に細かくしてから食事に混ぜて与える方法です。

愛犬が錠剤を噛み砕いた場合と同じ状態になるので、有効成分が吸収されやすくなり、正しい予防効果を得られるようになります。

普段から丸呑みしてしまう癖がある犬に対し、特に有効といえるので愛犬に丸呑みする癖があるときはストロングハートプラスを細かくしてから与えましょう。

 

ストロングハートプラスを通販で購入する際の注意点まとめ

・通販でストロングハートプラスを購入するときは、副作用や注意点を確認しておくのが重要

・ストロングハートプラスで報告された副作用のうち、もっとも多いのは嘔吐

・フィラリアに感染した状態で投与すると重篤な副作用が起きる可能性があるので注意

・投与する際は、愛犬がストロングハートプラスをよく噛み砕くように工夫しなくてはならない

 

通販で手軽に入手でき。カルドメックチュアブルと変わらない予防効果を得られるという大きな魅力があるストロングハートプラス。

動物病院へ行かずに手に入れられるからこそ、ストロングハートプラスは投与する際にさまざまなことに気を付けなくてはなりません。

特に副作用や与えるときの注意点には注意が必要で、これらの情報を知らずに愛犬へ投与すると思わぬトラブルや副作用に繋がってしまうおそれがあります。

場合によっては命に関わるような重篤な症状を引き起こしてしまう場合もあるため、通販でストロングハートプラスを購入するときは副作用や注意点の確認を忘れないようにしなくてはなりません。

成分や有効成分の働きだけでなく、ストロングハートプラスの副作用や投与時の注意点も正しく把握し、通販で購入手続きを済ませましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました